2006年11月18日

練習 その3「柿」

06-11-18 kaki.jpg 14×17cm
とても美味しい柿をいただきました。
北海道では柿は実らなくて知り合いから送ってきた品だそうです。

と聞いていたのですが、昨日の地方版のニュースで子供達が渋柿を剥いて干しているところを放送していました。
この頃は採れるのでしょうか。

昔、神戸に居た頃は母と一緒に毎年、渋柿を剥いて軒にぶら下げた思い出があります。包丁も手も渋で真っ黒になったな〜〜 (゚-゚)子供の頃の思い出です。
posted by oko at 17:02| Comment(10) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は相変わらず銀杏の被害で閉口しています。なかなか直りませんね。銀杏を侮ってはいけないと言うことでしょうか。
今は野菜果物の時期ですね柿は絵に成ります。干し柿はなお面白い、柿を書くときに絵の具の白を混ぜませんでしたか?
私の見方の間違いかも。水彩はガッシュは別として、特別の場合を除いて白を混ぜますと色彩の彩度が弱くなりますね。
Posted by itio at 2006年11月18日 22:04
わぁ〜〜 つい手を伸ばしたくなるような柿ですね〜!  おいしそー
手前が白いから 柿の色がとっても美味しそうに際立ってますね

そういえば 小さい時はうちの庭にも柿の気があったけど オテンバの私が木に登ったら 皆で大騒ぎしてたっけ・・
柿の木って 太い枝でも簡単に折れちゃうらしくて 登ったらいけないんだってね
(^_^;)
Posted by bebe at 2006年11月19日 15:56
昨日(19日)TVで軒先に干し柿をつるすのがこの時期の風物詩と放映されていました(場所は山梨でした)
ババが毎日通勤している沿道に沢山の柿が成っています
聞く所によると渋柿なので誰も取らないそうです
今度戴いてきて干し柿にでもしてみようかな〜ベランダでヽ(^。^)ノ
Posted by やっこババ at 2006年11月20日 08:18
***itioさま**************
銀杏は美味しいですが実の臭いは独特ですね。
長靴を履いて押しつぶして種だけを取ると良いとか。

干し柿は売っているのは風情がないですね〜〜
自家製はなかなか手に入らない (>_<)一度描いてみたい素材です。

白は混ぜてないのですが色を載せて気に入らなくて拭いたりを何度もしているうちに色が汚くなくってしまいました。
一度でバシッと決めないと… 願望です。

***bebeさま**************
柿は数少ない季節だけの果物よね。
固いのが好きな方と柔らかいのが好きな方とに別れるようです。
私は固い方が好きかな〜

私もよく木登りはしたわ。同じくお転婆でした。
柿にもよく登ったけれどそうだったんだ。

***やっこババ様**************
柿は昔からある日本の果物の一つだそうですね。
渋はうちわや唐傘に塗ったそうです。
山梨の干し柿も伝統があるのでしょうね。

是非に渋柿を剥いてみてください。聞くだけでもシブぃ〜〜
でも干すと甘くなるのが不思議です (^^)
Posted by oko at 2006年11月20日 11:27
こんばんわ〜!!!
ヾ(〃δoδ〃)ノワーイ♪柿のオレンジ色
にざるの色合いがとっても秋らしいですぅ
>子供達が渋柿を剥いて干しているところを放送していました。
我が家では毎年主人がやってます〜〜でも
あんまり食べません〜〜あると食べないの鴨??ところで柿って北海道は生らないのですね(@@;)
Posted by 猫谷姫 at 2006年11月20日 19:25
ご存知とは思いますが、思ったような色が乗らなかった時、私の場合は平らな板の上に紙を載せ水道の水を流しながら軟らかい筆で軽くストロークしますと邪魔な色彩を洗い流す事が出来ます。濡れている紙はスケッチブックの間に挟んでおきますと
平らになり余分な色取がとれた画面に戻りますお試しを
Posted by itio at 2006年11月20日 20:43
***猫谷姫さま***********
こんばんは♪
姫様の所には柿の木があるのですね。
一本にもけっこう実が成りますでしょ。
沢山あると食べないかもね。

小さい時に作った干し柿は一列の中でも干し上がったのを取って食べたので歯が抜けたようになってました。
全部が出来る頃には飽きてしまってうのよね〜

瀬戸内海の気候と北海道とではまるっきり違うから植物も違うでしょうね。
そのうち是非 北海道にも遊びにいらして下さいな (^^)
Posted by oko at 2006年11月20日 22:11
***itioさま***********
水道水を流しながら色を落とすやり方は知りませんでした。
とてもよいことを教えて頂いてうれしいです (^^) ありがとうございます。
水を含ませた筆で落としたい色を浮かしてティシュで吸い取るぐらいでした。

ところで疑問なのですが、水道水で流すと落としたくない色まで落ちそうな気がするのですが。
Posted by oko at 2006年11月20日 22:20
oko様水道水で洗い流す場合、部分の色だけを取り除くのは難しいですその場合はやはり筆に水を含ませ浸し吸い取るしかないと思います。が水道水の場合は大手術でその周辺の色は流れ去ってしまいますが紙に染み込んだ絵の具は残ります。それが水彩の軟らかな下地となり、そこから又描きこんで行きます。ですから手順を少し前に戻すつもりでしょうか。上手く色が乗らない場合。その都度洗い流し又書き込むを繰り返していきますと、丹念に書き込んだ作品になります。水彩の勉強をしている方はほぼその経験をしています。その為に紙は良い紙を使います。一流の紙は元々洗い流すように作られています。しかしあまり回数を重ねますと紙が荒れてしまい描きにくくなりますのでご注意を、洗い流す事も勉強のうちです。そして経験をつみ洗い流さなくても。ストレートに描けるようになれば、素晴らしいです。
Posted by itio at 2006年11月21日 20:49
***itioさま*************
とても嬉しいご指導有難うございます。
筆に水を含ませて拭き取るのは常にしてはいるのですが、水道水で洗い流すのはやったことがないです。
目からウロコの感じします。

今、F10で描いているのがあるのですがどうも気に入らなくて…
さっそくに試してみます♪
Posted by oko at 2006年11月22日 09:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。