2006年10月01日

花のスケッチ その9 「カーネーション」

06-10-01 Carnation.jpg 14×20cm

季節外れ?のカーネーションです。

前掲載のカサブランカと描き方が違うのですがどれが自分にあっているのかまだ分かっていません。
緻密に描くのは性分ではないし… かと言って大胆にも描けないし…
まあ〜 そのうちにスタイルが決まるでしょう。
いいかげんなところがあっている性格かもね
posted by oko at 11:14| Comment(10) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日は新都展コメント有難うございます
少し点が甘くないでしょうか、あんまり褒めないでください味付けは少しから目のほうが刺激になります。カーネーション何時も貰っているらしくさすがです。何時も申しますがバックもお描きくださいそれが勉強になります。東京の公募展そんなにレベルは高くありません。okoさんなら充分に通用すると思います。正し出すには唐紙程度の大きさと思ったほうがいいです.又謙遜でまだまだ私にはとか言うでしょうねでは又
Posted by itio at 2006年10月01日 19:34
itioさま:
新都展の皆様に楽しく迎えて頂いて嬉しかったです。
これからもよろしくお願いいたします♪

今回のもスケッチのつもりで描いたのでバックまで気が回りませんでした。
そうですね。バックを入れた方が勉強になりますね。

公募展へは気が向けばということにしておきますね (^_^)
Posted by oko at 2006年10月01日 22:47
今晩は^^
わぁ〜〜 素敵 素敵!
なんかとってもカッコいいわぁ
itio様はバックも・・と仰っていますけど今回のは 周りをデザイン化されているので 私はこのままの方がスッキリしていいなぁ〜〜って 思います  でも、生意気な事を言わせて頂けば 私的には「yoko」のサインは 今回は中に入れた方が良かったかなって・・m(_ _"m)ペコリ
(絵のお勉強の為には バックを書いた方がいいのでしょうね)
Posted by bebe at 2006年10月01日 23:10
植物殊に花は白い紙に花を描きますと
植物図鑑の説明図のようになります、そうした分野を確かボタニカルアートといいまして分野が分かれています。花も情景の中の一部として描いた方が先々絵を描くうえで難しい場面も処理しやすいと思います。
Posted by itio at 2006年10月02日 19:53
bebeさま:
描いたのをスキャナーしたら少し斜めになったので、少し向きを変えてフレームをつけたら面白い表現ができました。
パソコンを使って加工するといろいろできて面白いわね。
母の日のカードみたいになりました (^^ゞ
「yoko」のサインはいつもは入れないのだけれどなにげなく入れたのよ。
そうか 入れる位置も考えないとね。
Posted by oko at 2006年10月02日 21:33
itioさま:
いつも的確なご指導有難うございます。(^o^)
確かにボタニカルアートがありますね。
写真がない時代に植物を正確に記録するために写生をしたことから発展した分野だと記憶しています。
植物学的基礎が求められなおかつ美しく表現する力がいりますね。

それと水彩画はまったく違って、仰る通りバックを入れた方が勉強になるでしょう。
でも、絵は自分の好きなように描くのが楽しみであってこうでないといけないと決められないものだから白だけのバックが良いと思えばそう描くと思うのですよ。

しかし、今は自分の思うように表現できる技術を身に付けたいです。
そのためには

>花も情景の中の一部として描いた方が先々絵を描くうえで難しい場面も処理しやすいと思います。

を素直に受け取りたいと思います。
ありがとうございました。 m(_ _)m
Posted by oko at 2006年10月02日 21:35
会の皆さんにコメントを頂きありがとうございます。一部お返事が出来なく申し訳ありません。高齢でパソコンが出来ず。お返事が出来ない場合と。能力は持ちながら私からお返事をするようにお願いしましても反応が無い場合も有ります。これは個人の考えによるもので難しい事です。okoさんにはたいへ失礼を致しまして。これに懲りずに。返事をされる方にはこれからも絵の友としてお便りくださいますようお願い致します。何時も有難うございます。
Posted by itio at 2006年10月04日 11:19
itioさま:
こんばんわ♪
いつも新都展の皆様のお作品を拝見するのを楽しみにしています。
コメントを入れるのがこんなに難しいとは思いませんでしたが、その方がどういう意図で描かれたかを想像するのも勉強になりますね。
私も勉強のつもりでおります。
こちらこそ的外れな突拍子もないコメントを入れていると思います。
申しわけないのはこちらの方でどうぞご勘弁下さい。
皆様にどうぞよろしくお伝え下さいませ。

ところで、似顔絵見つかってしまいました?
Posted by oko at 2006年10月04日 21:21
oko様が気を使ってコメントをかいてくださるのがよく分かります。絵を描いた人は過敏になっていますからねokoさんもお描きになるからよく解るでしょう。何時も有難うございます。所で貴ブログのお顔拝見させて頂きました。何か「アバタ」がどうのこうのと描いてありましたがとんでもない
アバタどころか美しかったです。ご報告まで
Posted by itio at 2006年10月04日 23:43
itioさま:
見つかっちゃいました (^^ゞ
あれは若い頃のを思い出して作ってあるので、そのへんを加味してご覧下さい。
「アバター」はないのですが、ほくろはありますよ。
Posted by oko at 2006年10月05日 20:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。