2006年07月13日

花のスケッチ その3「はまなす」

06-07-13 hamanasu.jpg 18×12cm

北海道の道花になっている「はまなす」です。
「♪ 知床の岬に〜 はまなすの咲く頃〜」(知床旅情)
って歌われている花でお馴染みですね。
実際にご覧になった方は少ないかもしれないです。
バラ科で刺があるのですよ。浜辺で多く見られて背はあまり高くならない。
固い実が成り、「浜梨」がなまって「はまなす」となったとか。
実は甘酸っぱいらしい。まだ食べた事はありません。

花弁の柔らかいフワァ〜とした線がなかなか描けません。(・・;)
どの花もそうなのですがこちらに向かっている花弁とか葉っぱがなかなかこっち向かってくれません。
「お〜い! こっちにだよ!」と叫びたくなります。
技術力が欲しい!
感性もだけど…

写実的に描けてからの自分なりの崩し方を探っていきたいです。
posted by oko at 11:53| Comment(11) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
薔薇科の花なのになぜ、浜「ナス」になってしまったのでしょう。
さて、はまなすって奇麗な花なんですね
描いている方が奇麗だからかも。
花の色の載せ方がとても軟らかく
>花弁のフワーとした感じがなかなか描けません。(^^♪花弁のフワーとした感じ描けていますよ、グッドです。これ以上を望むとは。イヨイヨ北海道の天才画家を目指し始めましたね、でもその意欲は素晴らしいです。
Posted by itio at 2006年07月13日 21:16
追伸失礼しました(浜梨)でしたね。(^^)v
Posted by itio at 2006年07月13日 21:21
okoさま、こんばんわ〜♪
ヾ(〃δoδ〃)ノワーイ♪ピンクのバラかと
思いました。ハマナス、初めて拝見しました。それにしても優しい色合いですね〜〜
素晴らしいです!!itio画伯も絶賛ですもの・・・やはり「継続は力なり」ですね♪
Posted by 猫谷姫 at 2006年07月13日 23:01
itioさま:
「浜梨」が東北弁でなまって「はまなす」になったそうですよ。
さっき見たら、小さい実がなってました。
これから大きくなるのかしら。
じっくり見たことが無いので観察してみますね。

鉛筆デッサンでの影の付け方が色を付ける時、多いに役に立つというか影そのものというか。
やはりデッサンが基礎だというのが良く分かります。

猫谷姫さま:
いらっしゃいませ♪
大変でしたね。
お越しいただけるということは一段落なさったのですね。ホッとしました。

>「継続は力なり」ですね♪
→そうですね。姫様の水泳と同じで続けることに意義がありそうです。
続ける力をいつも持っていたい〜〜♪
Posted by oko at 2006年07月14日 18:58
はまなすですか・・・私もまだ見た事はないです キレイな花ですね
北海道にしか咲いてない花なのですか?
(無知でごめんなさい)

>どの花もそうなのですがこちらに向かっている花弁とか葉っぱがなかなかこっち向かってくれません。
「お〜い! こっちにだよ!」と叫びたくなります。

解ります〜〜
私も たまには本気モードで花を描いてみようかなって思うんですけど 中々描き易い位置に居てくれないんですよね!
Posted by bebe at 2006年07月16日 02:31
bebeさま:
こんばんわ♪
>北海道にしか咲いてない花なのですか?
→北海道には多いのですが、茨城県や鳥取県でも見掛けるみたい。
浜辺や砂地に自生するですって。
こっちではライラックやななかまどもよく見かけますよ。
でも、沈丁花や金木犀、柿、無花果などは咲かないみたい。

皆さんお花を育てるのがお上手でお庭に沢山の花を植えてらっしゃいます。
こっちに来て名前を知った花がいっぱい っといって私は育てようと思わないのですが
草むしりがダメなのよね〜

せいぜいスケッチを沢山しようと思いますよ (^o^)丿
立体感が描き分けられるといいな〜
Posted by oko at 2006年07月16日 21:38
okoさん「はまなす」優しい色合いになりましたね。描く人の感性で絵は変わるものですね。我が家の近所にもはまなすは結構みられます。近所の公園とか、浜に行っても・・。少し北の方の浜辺あたりでよく見かけるのかもね。ところで、雅子様のお印は「はまなす」なんですよ。新潟の村上市は市のお花が「はまなす」で、雅子様とご縁のある所です。そのせいか「はまなす」っていったら結構親しみを感じています。実際は結構はっきりしたボタン色で赤くて硬そうな(食べた事ないけど・・)実ができますよね。ちょっととげもあったりして・・。
また素敵な絵をお待ちしています。私は今年はなかなか出かけられず残念です。そのうち行けるかな?
Posted by おはようさん at 2006年07月17日 07:06
再度m(_ _)m おはようさんことうららでした。
Posted by うらら at 2006年07月17日 07:08
うらら様:
「はまなす」ってそうなのですか。
知らないことが多いです。
関西、関東に居た頃は見たことがなく、北海道が主なのかと思ってました。
雅子様のお印ならもっと優雅に描かないとね。
気品良くね (^^)
実ができる頃、又見てみたいと思っています。
今年は雨が多くてスケッチにもなかなか行けませんね。
そちらも今日から明日にかけて雨脚が強くなるようね。お気を付けてね。
Posted by oko at 2006年07月17日 23:05
我が家で所有している茨城の家の近くにハマナスの里という所が有るのですがハマナスの咲く季節になると出かけます
決して派手な花ではないのですが毎年見に行きたくなる花ですね
okoさんの描かれたハマナス素敵です
本当にこの様にホワットと《表現が上手くありませんが》咲いています
Posted by やっこババ at 2006年07月19日 09:00
やっこババ様:
こんばんわ♪
「ハマナスの里」があるのですか。ハマナスがいっぱい咲いているイメージが浮かびます。
ハマナスは砂地が好きなようですね。
こちらでも海岸に自生しているのをよく見かけます。

可憐な花のわりに刺が結構あって茎は痩せた鬼の足(?)のようですよね。
Posted by oko at 2006年07月19日 21:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。